脂肪融解と脂肪吸引はどう違うの?

脂肪融解はダウンタイムの時間が短い

脂肪融解注射は、従来の脂肪吸引の施術と比べてダウンタイムの時間が短いため、術後に肌の赤みや腫れなどのトラブルが起こりにくいといったメリットがあります。また、パーツによっては施術を受けた当日にシャワーを浴びることができるケースもあり、すぐに普段通りの生活を送りたい人におすすめです。脂肪融解注射は、特殊な薬剤を使って、皮下脂肪の多いパーツの脂肪細胞をピンポイントで除去することができるため、リバウンドのリスクが低いという特徴もあります。なお、脂肪吸引の方法は局所麻酔が必要となることがありますが、脂肪融解注射は麻酔を使わなくても施術中の痛みが少ないため、肌がデリケートな女性も気軽に挑戦することが可能です。

一回あたりの施術料金が安く済む

脂肪融解注射は、通院先の方針によりますが脂肪吸引よりも一回あたりの施術料金を安く抑えることができるため、部分痩せを希望する女性の間で関心が集まっています。特に、皮下脂肪の少ないパーツであれば、一回だけで十分な施術の効果を実感できることもあり、短期間のうちにダイエットを成功させたい人に最適です。最近では、脂肪吸引の代わりに脂肪融解注射を新しく導入する美容クリニックの数も増えており、料金の安さを重視して通院先を探そうとする女性も少なくありません。なお、脂肪融解注射で全身の様々なパーツの皮下脂肪を減らしたい場合には、従来の脂肪吸引とほぼ変わらない費用が掛かるケースもあり、慎重に契約を結ぶことが大事です。