脂肪融解とは

セルライトを除去すると考えた時に、脂肪融解と脂肪吸引について混同している人も多いかもしれません。脂肪吸引はメスで切開して脂肪を吸い出すのに対し、脂肪融解では注射をしてセルライトを溶かします。体に傷が付くことがないので、脂肪吸引に比べ安心して施術できます。

脂肪融解と脂肪吸引はどう違うの?

脂肪融解注射は、従来の脂肪吸引の施術と比べてダウンタイムの時間が短いため、術後に肌の赤みや腫れなどのトラブルが起こりにくいといったメリットがあります。また、パーツによっては施術を受けた当日に…

脂肪融解は安全?

脂肪溶解注射の施術は、全国の美容外科のクリニックにおいて、プチ整形の一つとして扱われることが増えており、部分的な減量を希望する人の間で人気が集まっています。脂肪溶解注射の安全性は、それぞれのクリニ…

脂肪融解をしたあと、入院は必要あるの?

脂肪融解注射は、身体に負担が少なく、後遺症などのリスクが低いことから、多くのクリニックでは術後に入院をする必要がありません。最近では、一回あたりの施術の時間が短いクリニックも増えており、仕事…

溶かしてやせる!脂肪溶解でらくらくダイエット

脂肪溶解は、皮下脂肪を溶かす特殊な薬を注射する美容医療の手法です。溶けた脂肪は自然に体外に排出されるので、無理のないダイエットが可能になります。

脂肪融解の具体的な方法

脂肪融解の施術はだいたいカウンセリングも含めて30分程度、注射をした後は冷やしたりマッサージを済ませたら、そのまま帰宅することができます。痛みや腫れ、あざなどが一時的に出ることがありますが、すぐに治ります。

脂肪融解の注射は痛いの?

脂肪融解の施術にはどれくらいかかるの?

脂肪融解の注射をしたあとは、どんなふうになるの?

脂肪の融解は脂肪融解注射

脂肪融解注射はメソセラピーとも言われています。メソセラピーの施術はプチ整形の1種で、メスを使わずに脂肪除去が出来る方法です。メソセラピーは医療行為なので美容整形外科に行きます。脂肪融解注射は一般的なダイエットでは難しい部分でも痩せさせる事が出来るので、これを普通のエステで施術する事は出来ません。メソセラピーは、脂肪を融解する有効成分を皮下脂肪組織に直接注射します。注射の針は極細なので痛みは無いと言われていますが、実際痛みを感じる人もいるので、メソセラピーの注射の痛みを和らげる為に、麻酔を注射する医院もあるそうです。効果の方は早い人なら1日目から、大体10日目位で出るそうです。しかし注射をする部分によって個人差もあるので、1度のメソセラピーの注射で効果が出て終わる事は殆ど無く、日を変えて4度から5度はメソセラピーの注射をする事が多い様です。

メスを使った脂肪吸引と脂肪融解注射の比較

脂肪融解注射の良い点は、すぐにうける事が出来て入院の必要が無い事です。体を切ったりしないので、基本的にはメスを使う脂肪吸引の様に麻酔を使いません。なので体への負担が少なくなります。又メスを使った脂脂吸引に比べ、施術後に傷跡が残る事も殆ど無いのが特徴です。一方でメスを使った脂肪吸引は、体にメスを入れ脂肪を取り除いて行くので、術後患者にはダウンタイムと言う負担が、体と心に重くのしかかります。しかし良い点としては、メスを使った脂肪吸引は1度の施術で、施術した部分の脂肪細胞自体が無くなります。再びその部分に脂肪がつく事はありません。只メスを使った脂肪吸引は、施術料金が高いのが悩み種です。どちらの方法を選ぶかは人それぞれですが、脂肪融解注射の方が安く施術をうける事が出来ます。